この冬、ナベヅルが中南勢地方で越冬しました。三重県では2期連続の越冬で、しかも今回は48羽と多数です。ナベヅルは鹿児島県出水市で集団越冬しており、鳥インフルエンザなどで大きな被害を受ける危険性があり、越冬地の分散が望まれています。今回の越冬が成功すれば、三重が恒常的越冬地になる可能性があります。

   三重県内で越冬していたナベヅルは繁殖地へ向けて旅立ちました。越冬していた48羽のうち、46羽は3月16日に、残りの2羽も同25日に旅立ちました。1羽の脱落もなしに冬を過ごすことができました。地元及び、野鳥関係者の方々のご協力に感謝いたします。また、自衛隊明野航空学校には、飛行を配慮していただきました。感謝申し上げます。

 この秋にナベヅルが三重に再来することを期待しましょう。

続きを読む...

―蓮ダム、迷岳周辺の山域に大規模な風力発電計画―

計画地は国道166号の南側、蓮ダム湖の周囲の山地で、迷岳も計画地に入れられている。風車はこれまで日本ではほとんど建設されていない、4,200から-5,500 kw級を予定しており、最大では全高183 mもの巨大なものである。その風車を最大60基という、これまでにない大規模な風力発電の計画である。風車の建設は4ヶ所に分散して計画されている。

続きを読む...

津市と伊賀市にまたがる経ヶ峰とそれに続く山域に風力発電計画が持ち上がっている。

東京の「株式会社グリーンパワーインベトメント」なる会社が「平木阿波ウィンドファーム」および「ウィンドファーム津芸濃」の互いに隣接する2つの計画を作り、現在アセスメントの方法書が縦覧されている。

続きを読む...

木曽岬干拓地のさらなる開発の危険

木曽岬干拓地本年(2017年)7月、三重県の木曽岬干拓地担当者の話によると三重県のプロジェクト[木曽岬干拓地整備事業]に沿って干拓地のさらに南部を開発予定とのことです。そのために新たにアセスメントを実施する予定であるとのことです。前回のアセスメントでは173.7 haが対象となっていたため、残りの部分を対象としたアセスメントになります。アセスメントといっても前回のアセスメント(2001年―2005年)の事後調査が行われているため、今回は実地調査等を省略した簡略なものになる可能性も否定できません。

続きを読む...

Language

12月 2022
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.