桑名市から伊勢市まで、伊勢湾の西海岸には自然の砂浜海岸が多く残されています。ここに注ぐ、安濃川、雲出川、櫛田川、宮川等の河口には広い干潟があります。さらに、北部の朝明川河口にも小規模ながら干潟があります。

mie kaigan pamphlet2021

伊勢湾は海の幸に恵まれ、カタクチイワシ、アジなどの魚類だけでなく、アサリ漁が盛んで、また干潟では青のりが養殖されています。この海辺は多くの貴重な動植物の生息の場でもあります。シギ・チドリ、カモメ類、カモ類など多くの水鳥が訪れます。浜辺にはハマボウフウ、カワラナデシコなどの海岸植生のある場所も多くあります。アカウミガメも産卵に浜辺に上陸します。

このような自然の残る海辺は人口 の密集した太平洋岸では稀なことです。私たちは、多くの方々にこの豊かな自然を知ってもらい、守ろうと思い、この冊子を作りました。

※右のイメージをクリックすると、PDFファイルが開きます。

Language

9月 2023
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.